精神科医が肩肘張らずにブログを書いてみた

精神科が多くの人に関心をもってもらえますように。

精神科医の日常

患者さんの意向に沿えないとき ~医原性薬剤依存症の問題~

久々の記事ですm(__)m 今回はサブカル話ではなく、日常診療でのお話。 精神科医をしていると、精神療法などの専門治療をしていたり、きちんと治療をしていなかったりする場合を除き、基本的には日常診療のどこかで薬物療法を行います。 いろいろな考えの医師…

お別れ(モーニングワークのお話からアイドルについての持論まで)

注) 患者さんも読んでいるので、タイトルにびっくりしないように。私が今の仕事を辞めるフラグではない事を最初に書いておきます。 さて、すっかり不定期連載。(ごめんなさい) 今回は「お別れ」のお話。 ~~~~ 私が精神科医になって間もなくから、精神…

ヲタ活と精神科医 第一章? ~引きこもりの方々と~

前回の記事の続きです。 先日、引きこもりになっている人たち、引きこもりだった人たちのためのデイケアに招かれ、グループセッションに参加をしてきました。 初回という事で、自己紹介を兼ねて自分たちの趣味について、好きなように話をしてみることに。自…

ヲタ活と精神科医 序章? ~引きこもりに絡んで~

無事に外来診察室ができあがり、外来をオープンいたしました(*^^)v さて、今回はついに(?)ヲタ活と精神科のお話。 ある地域で、引きこもりとなっている思春期の方々のデイケアをお手伝いすることになりました。お誘いをしてくださったスタッフさんによる…

葛根湯と松岡修造 ~薬を漫然と飲むことの問題~

本日はお薬のこと。 薬は病を治したり症状を軽くする効果があります。しかし、薬は時に新たな問題を起こしたり、元の症状を強くしてしまったりすることもあります。今回、精神科特有の薬ではないですが、漫然と投薬されていることが問題であろうと感じた、わ…

所信表明 ~ここでやりたいこと~

はてなブログでは毎週「お題」があるようで、今週のお題は「自己紹介」とのこと。 精神科医を目指すきっかけの一つは「とある漫画」だったのですが、同世代の人に話しても記憶にないほどマニアックな漫画なので、ブログにある程度の記事がたまってから書こう…

診察室をつくろう

本日は、新しい常勤先のクリニックで診察室づくりの打ち合わせでした。 今も簡単に話をできる場所はあるのですが、ここは身体の訪問診療を中心としたクリニックだったので、ある程度ゆったりとお話をできる空間をつくりたいなぁと。 (もともと非常勤医とし…

春は出会いと別れの季節

本日は、前の職場で最後の仕事。「申し送り」を書いていました。 これから新たな場所で多くの新たな患者と出会っていくのですが、その前には多くの患者との別れもあるのです。 医師はお別れの時、カルテに「申し送り」を書きます。この時、いろんなことを思…